黒船以降―政治家と官僚の条件 (中公文庫)

4.25
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
norisukeさん 対談集   読み終わった 

徳川斉昭と水戸学。理念先行の尊皇思想は非常に貧しい藩財政の中でこそ生まれたこと、斉昭が先を見通せない単なる攘夷家だったこと、明治維新後も天狗党と諸生党との死闘が続いたこと、などなど、興味深かった。明治維新後、尊皇攘夷思想のエネルギーが開国攘夷、すなわち大陸進出へとつながった、という見方も面白い。水戸光圀が宗祖の水戸学が明治維新のみならず太平洋戦争に続く思想へと続いていたとは。

レビュー投稿日
2013年1月14日
読了日
2013年1月14日
本棚登録日
2013年1月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒船以降―政治家と官僚の条件 (中公文庫...』のレビューをもっとみる

『黒船以降―政治家と官僚の条件 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『黒船以降―政治家と官僚の条件 (中公文庫)』にnorisukeさんがつけたタグ

ツイートする