満月珈琲店の星詠み (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋 (2020年7月8日発売)
3.65
  • (40)
  • (64)
  • (81)
  • (14)
  • (0)
本棚登録 : 737
感想 : 82
3

「『満月珈琲店』には、決まった場所はございません。時に馴染みの商店街の中、駅の終着点、静かな河原と場所を変えて、気まぐれに現われます。そして、当店は、お客様にご注文をうかがうことはございません」

幻のように現れる小洒落たトレーラーカフェ。人の言葉をしゃべる店員の猫たち。「満月珈琲店」に引き寄せられる人々。そして「星詠み」マスター(猫)が、出生図を基に彼ら(彼女ら)のレコードを詠み解いていく、幻想的な癒し系ファンタジー。連作短編。

人生の転機を迎えたシナリオライターの芹沢瑞希、テレビ局ディレクターの中山明里、女優の鮎川沙月、美容師の早川恵美,ITエンジニアの水本隆。「星詠み」に後押しされて、それぞれの人生が繋がりつつ好転していく。

スイーツのイラストが鮮やかな色合いで綺麗だった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: SF・ファンタジー
感想投稿日 : 2022年11月23日
読了日 : 2022年11月23日
本棚登録日 : 2022年11月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする