プラチナタウン (祥伝社文庫)

3.78
  • (46)
  • (128)
  • (76)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 712
レビュー : 111
著者 :
nosemonさん  未設定  読み終わった 

作品が平成20年に刊行されたもの。当時は高齢化社会を通り越して高齢社会になって、そろそろ超高齢社会だぞって時代。そして地方自治の在り方が問われていた時代。

そこに、高齢者向けの街を地方に作ってはどうだと一つのアイデアを投じたような作品。

面白かった。
現実そううまくはいかないだろうけど、面白かった。

でも…街づくりにあたっての描写も細かく、相当に練られた作品ではあったと思うけど…。確かにビジネス的なアイデアはおもしろいけど、人物描写、人間関係の描写があっさりしてる気がした。

もっと語れる部分はあっただろうし、現実はもっと複雑。
人間同士の利権をめぐる争い、価値観の相違による弊害はもっとあるはず。家族との描写や家族自身の描写もちょっと中途半端感は否めず。中盤以降家族の存在が一切消えて、最後まで出てこなかったんですけど。人物描写よりはビジネスモデルとしてのアイデアを見せたかったんだろうね。

超高齢社会の日本と地方自治というテーマはかなり根深い問題があるし、だからこそもっと色んな角度からいろんな人の視点から描けたんじゃないかな。そういう描写が少なかったからこそ、「事はそう簡単に進まないだろー」という感が最後まで拭えなかった。それはあれば最高に面白い本だったし文句なし星5つ。

もっと長編ですればいいのに!

でも本当にアイデアは面白かった。

レビュー投稿日
2018年9月17日
読了日
2018年9月17日
本棚登録日
2018年9月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プラチナタウン (祥伝社文庫)』のレビューをもっとみる

『プラチナタウン (祥伝社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする