日本の右翼と左翼 (宝島SUGOI文庫)

3.00
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 7
制作 : 別冊宝島編集部 
ノス太郎さん ノンフィクション   読み終わった 

題名通り、日本の右翼・左翼を知るためのキーワード、歴史、事件と活動家を取り上げた本。
本書で取り上げられる右翼活動家は17人、左翼活動家は19人。
右・左ともに極右・極左活動家まで取り上げているのが大きな特徴である。

右翼は右寄りの執筆陣、左翼は左よりの執筆陣による著作であるが、どちらも偏った書き方、すなわち客観性を欠き、活動家讃美・体制批判の内容になっている。

しかし偏ってはいるものの、各々が活躍した時代背景を考慮し時代とともに人物像を掘り下げることで立体的な表現を試みている。
どちらかといえば右の方がやや客観的な書かれ方をしていた。

レビュー投稿日
2011年3月20日
読了日
2011年1月19日
本棚登録日
2011年3月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の右翼と左翼 (宝島SUGOI文庫)』のレビューをもっとみる

『日本の右翼と左翼 (宝島SUGOI文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『日本の右翼と左翼 (宝島SUGOI文庫)』にノス太郎さんがつけたタグ

ツイートする