封神演義 7 (ジャンプコミックス)

3.54
  • (96)
  • (41)
  • (291)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1081
レビュー : 21
著者 :
not1310さん  未設定  読み終わった 

姫昌が亡くなると同時に西岐は国家となり王を語った。ここで太公望vs妲己から太公望vs聞仲と敵が変わったわけです(。周vs殷の形は魔家四将の後だと思います。)妲己との大きな違いは妲己は純粋悪だったわけですが、聞仲は殷の民を、国を守ろうとする確固たる新信念を持って戦いを挑んできます。どちらも正義なわけです。互いにの意志が錯綜し、戦いは複雑になります。ここからお互いの戦いが終焉するまで、それぞれのキャラがどういう意志と行動を起こすかというところが見どころになると思います。

レビュー投稿日
2013年2月15日
読了日
2013年2月14日
本棚登録日
2013年2月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『封神演義 7 (ジャンプコミックス)』のレビューをもっとみる

『封神演義 7 (ジャンプコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする