漂白される社会

3.67
  • (20)
  • (57)
  • (35)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 519
レビュー : 49
著者 :
ノートリアスさん 思想、哲学、歴史、社会学   読み終わった 

「漂白」という言葉の現代的な意味を、極めて直截に描き出している。中心では声高に「安心・安全」、「自由」や「正義」が叫ばれ、本来人間が持っている「色」や「欲」に絡むモノは周縁に押し付けて固定化されていく仕組み、「漂白」という言葉にうす気味の悪いリアリティを感じ取ることができる。又、福島の原発事故についての記述の中で、「信頼が無ければ、客観的な安全など存在しない」というテーゼの重大さに、改めて気づき、愕然としたことを記録しておきたい。

レビュー投稿日
2013年5月12日
読了日
2013年10月26日
本棚登録日
2013年5月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『漂白される社会』のレビューをもっとみる

『漂白される社会』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする