快楽主義の哲学 (文春文庫)

3.63
  • (114)
  • (129)
  • (265)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 1458
レビュー : 134
著者 :
こえさん エッセイ   読み終わった 

快楽主義とは、一言では言えないが、幸福と快楽を全く別物であると言いきり、ただ享楽的に生きるのとは意味が違って、自らの歓びを得るために、あの手この手でパワフルに生きることや、遁世し山水に生きることなど、それぞれにそれぞれの快楽があることを述べた書。何十年も前の本だが、今だからはっとする箇所もあり、読んでいてがつんときた。これから何度か読み返すことになるかもしれない。

レビュー投稿日
2013年6月26日
読了日
2013年6月26日
本棚登録日
2013年6月26日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『快楽主義の哲学 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『快楽主義の哲学 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする