夜のピクニック (新潮文庫)

3.84
  • (3176)
  • (3578)
  • (3840)
  • (425)
  • (97)
本棚登録 : 27713
レビュー : 3008
著者 :
True Colorsさん 小説(日本)   読み終わった 

歩行祭という年に一度、朝8時から翌朝8時まで歩くという、高校行事。
ただ歩くだけだから、色んな考え事をするのにちょうど良さそうだ。

この本は、一日のお祭りのお話だけど、考えてみれば、高校3年間も人生においてのお祭りかもしれない。楽しい高校生活を送りながら、その中で勉強をしたり、恋愛をしたり、でも常に心の中では、卒業後の進路を考え続けている。高校卒業がゴールではなく、あくまでの通過点なのだ。恋愛してても、その恋愛にはいつかは終わりが来るだろうと思って恋愛している人が大半だろうし、友達とワイワイ遊んでても、それがずっと続くことじゃないと、理解している。
だから、高校生活の3年間は、とてもキラキラして楽しいものなのかもしれない。後から振り返った時、お祭りの楽しかった思い出のように、いい思い出に溢れているんだろう。

レビュー投稿日
2019年2月1日
読了日
2019年2月1日
本棚登録日
2019年2月1日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜のピクニック (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『夜のピクニック (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする