神宮の奇跡 (講談社文庫)

4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
著者 :
Y.Kさん ノンフィクション(社会)   読み終わった 

昭和45年生まれの私にとって昭和33年と言われてもあまりピンと来なかったのですが、昭和という時代を振り返ると非常に意義深い年であった事が本書から分かります。
東都リーグで現在に至るまでたった一度の優勝を学習院大野球部が達成し、その直後に皇太子殿下のご婚約発表がこの年でした。
高校時代に甲子園出場経験などない選手が死闘を制して優勝するプロセスに皇太子殿下とその侍従であった方が深く関与していたという事実はこの本を読むまで全く知りませんでした。
しかも、そのチームのエースピッチャーであった井元氏は戦時中に朝鮮からの帰還途中にソ連兵による略奪や暴力を生き抜いたという経験をされた方でした。その井元氏が実はPL学園1期生であり、のちに高校野球に強豪として君臨する同校の礎を築く人脈を全国に根付かせた人物であるなど、野球を通して実に奥深い様々な物語を1冊の本に凝縮したノンフィクションです。

レビュー投稿日
2016年2月17日
読了日
2016年2月17日
本棚登録日
2016年2月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神宮の奇跡 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『神宮の奇跡 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする