秋風秋雨人を愁殺す: 秋瑾女士伝 (ちくま学芸文庫)

4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
著者 :
Norio Sasadaさん  未設定  読み終わった 

 先日、武田 泰淳 氏 による「秋風秋雨人を愁殺す: 秋瑾女士伝」を読み終えました。
 新聞の書評で目にとまったので読んでみました。
 主人公の秋瑾は清朝末期の革命運動における中心人物、本書はその秋瑾の激烈な生涯を多彩な描いた評伝だと紹介されています。
 ただ、正直なところ「秋瑾の評伝」という感じはほとんどしなかったですね。もちろん秋瑾は登場しますが、彼女自身の記述というよりも、革命当時の様々な人物誌といったな印象です。
 本書を楽しむには、かなりの中国近代史の知識が必要ですね。

レビュー投稿日
2015年3月7日
読了日
2015年3月7日
本棚登録日
2015年2月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『秋風秋雨人を愁殺す: 秋瑾女士伝 (ちく...』のレビューをもっとみる

『秋風秋雨人を愁殺す: 秋瑾女士伝 (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする