([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)

3.87
  • (61)
  • (72)
  • (71)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 653
レビュー : 86
著者 :
制作 : 平井 憲太郎 
なおきさん  未設定  読み終わった 

『少年探偵』シリーズの第一作目。悪役怪人二十面相、正義の味方、明智小五郎と小林少年。事件は3つ。

1.羽柴家のダイヤモンド強奪&小林少年による奪還
2.修善寺の美術の館に住む日下部老人の美術品の強奪。怪人二十面相、明智小五郎に化け、まんまと老人を騙す。
3.国立博物館から強奪。怪人二十面相&部下は、館長&当直と入れ替わり仏像等奪取するも、明智小五郎に逆転負け、まさかの怪人二十面相逮捕で終了。


2013.6.30 『ビブリア古書堂の事件手帖4』で江戸川乱歩が取り上げられており、怪人二十面相/少年探偵団シリーズが無性に読みたくなって読む。
2013.07.15 読了

レビュー投稿日
2018年11月5日
読了日
2013年7月15日
本棚登録日
2018年11月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩...』のレビューをもっとみる

『([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)』になおきさんがつけたタグ

ツイートする