ウイルスたちの秘められた生活 決定版ウイルス百科 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年9月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
3

副題に決定版ウィルス百科とあるが、これは些か誇大広告の気味あり。本文263頁で70以上の感染症に言及されているので、当然内容は薄まる。面白いエピソードもあるので、エッセイと割り切れば、読む価値はある。但、序文にユーモアを織り交ぜながら書くとあるが、『黄熱は…。そしてコロンブス以後、新世界を発展させるのに重要なはたらきをした熱帯性の熱病の一つででもあった。』のような表現が多く笑えない。感染症が人類の歴史へ与えた影響について知りたければ『疫病と世界史』や『銃・病原菌・鉄』等、本格的なものを読む方が良いだろう。


ウイルスたちの秘められた生活 決定版ウイルス百科 >>2月初めから読み続けて来た『感染症シリーズ』 10冊目。総復習の意味で読む。この本を読み終わったら、このジャンルは暫し封印する予定。^^;2012年03月19日

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 感染症
感想投稿日 : 2012年3月25日
読了日 : 2012年3月25日
本棚登録日 : 2012年3月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする