ジャック・ラカン 不安(下)

4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
ntさん 精神医学・心理学   読み終わった 

今回のラカンセミネールⅩは、上巻の前半で何度も「先回のセミネールで・・・」という言及が繰り返される。しかしこちらはそのセミネールⅨを読んでいないので、どうもよくわからないのである。
前に読んだセミネールⅧ『転移』と本書のあいだにあるセミネールⅩが、どうやら重要な講義であるようだ。調べてみると、「自己」についてのものらしいセミネールⅩは本国フランスでもまだ刊行されていないらしい。ミレールさん、頑張って出して欲しい。
しかし最初のうち当惑したものの、読み進めるうちに本書もまた、重要なセミネールであることがわかった。
ここではラカンの中心概念の一つ「対象a」がかなり詳細に追究されている。そして、欲望の原因であり欠損でもある対象aのうち、とりわけ「ファルス」についてもかなり詳しく話されているので、ラカン入門の一つとして、本書は日本の読者にも大切なものとなるだろう。
さらに話題はマゾヒズムやら去勢やら同性愛やら、相変わらず膨大な寄り道も含めて広がって行くので、なかなか面白いのである。
本書の最後、「次回のセミネールは父の名について行います」と予告しているが、精神分析協会からラカンが除名されるという事件が起き、別の大学に移って、セミネールⅪ『精神分析の四基本概念』に至るのだ。

レビュー投稿日
2017年7月27日
読了日
2017年7月26日
本棚登録日
2017年7月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ジャック・ラカン 不安(下)』のレビューをもっとみる

『ジャック・ラカン 不安(下)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする