九十九十九 (講談社文庫)

3.23
  • (50)
  • (76)
  • (162)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 858
レビュー : 108
著者 :
nu-nuさん  未設定  読み終わった 

これはまた、あまりに難解で、何回読んでも(駄洒落じゃないよ)話の階層が把握できない、舞城ワールド全開の一冊でした。メタメタメタメタメタ構造、みたいな。第1話・第2話・第3話・第5話・第4話・第7話・第6話という目次の並びから、くらくらと眩暈。
基本的には、各章が小説という形で次章の主人公=九十九十九に送られるっていうメタのマトリョーシカ的な構造になってるんだけど、章をまたいだタイムリープがあったり「創世記」と「ヨハネの黙示録」の見立てがメタ世界を繋いだり…と、まあとにかくなにがなにやら。
でもカオス具合と世界観のでかさでは、『ディスコ探偵水曜日』が一枚上手かなあ。

レビュー投稿日
2013年3月25日
読了日
2013年3月25日
本棚登録日
2013年3月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする