サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きていること (ブルーバックス)

3.53
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 84
レビュー : 7
著者 :
#10さん  未設定  読み終わった 

 コンピュータとインターネットが広く普及したことで、それを利用した犯罪も増加した。特にインターネット上にある情報を盗んだり破壊したりする行為はサイバー攻撃と呼ばれている。攻撃を受ける原因となる「脆弱性」の仕組みを解説している。

 具体的には「バッファオーバーフロー」「文字列の整形機能」「クロスサイト・スクリプティング」「SQLインジェクション」が取り上げられる他、サイバー攻撃の社会的な位置付けについても触れている。基本的な話からある程度踏み込んだ内容まで一気に進められるので、最初はだいたい知ってる話なのだが、漫然と読んでいると突然置いていかれるので気が抜けない。

 あくまでも初心者向けの本ではあるが説明に無駄がなく、分量の割に内容は詰まっている印象だ。実際の対策を行う技術者になるにはこのレベルの勉強では不足だと思うが、一般ユーザーとして理解しておくべき内容としては十分だろう。

レビュー投稿日
2018年3月3日
読了日
2018年3月2日
本棚登録日
2018年3月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きてい...』のレビューをもっとみる

ツイートする