ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)

3.77
  • (666)
  • (1016)
  • (1266)
  • (41)
  • (6)
本棚登録 : 6278
レビュー : 688
著者 :
nur1202さん  未設定  読み終わった 

「しゃばけ」の世界を舞台にした短編集
仁吉の初恋の話は、日本の物語らしく慎ましい感じで好感を持ちました。たぶん、外国だと、もっと積極的で読んでて疲れるような話になるんじゃないでしょうかね。
ネタが最初からわかっちゃう感じがちょっと残念かも。
「虹を見し事」は若旦那のまわりから妖怪どもがいなくなる話。
なんせ、病気がちの若旦那のことですから、夢オチとかいろいろ可能性が考えられるわけでして、続きがなければ最終回かもと勘違いしそうな話でした。
この話が一番好みかな。
しかし、延々とおいしくないお菓子を作り続けられるお隣さんもいいキャラクターだよな。

レビュー投稿日
2018年11月12日
読了日
2008年11月29日
本棚登録日
2008年4月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮...』のレビューをもっとみる

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする