完璧な病室 (中公文庫)

3.55
  • (117)
  • (193)
  • (375)
  • (30)
  • (1)
本棚登録 : 1776
レビュー : 168
著者 :
nyan0620さん  未設定  読み終わった 

この頃の小川さんは、なまくさい生である有機物とその対称にある無機物というのが一つのテーマだったのでしょうか。

人の感覚を残酷なまでに繊細に、言葉を選んで描写しているのを読んでいると、霧のようなものに包まれて、この世でないところを浮遊しているような気分になります。これは、この作品集だけではないのですが。

偶然にも、今、自閉症関連の本を読んでいて、知覚過敏といわれる人の感じる世界に思いをはせていたので、なおさら、だったのかも知れません。

レビュー投稿日
2019年6月27日
読了日
2019年6月27日
本棚登録日
2019年5月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『完璧な病室 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする