健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)

3.86
  • (68)
  • (101)
  • (89)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 956
レビュー : 86
著者 :
猫丸(nyancomaru)さん マンガ・グラフィックノベル・コミックエッセイ   読み終わった 

1巻メモ
1.天然さんを主人公にしたのは、気付かなかったり、疑問をストレートに出しても許されるから?
2.いきなり受給者さんが自殺。私だったら落ち込んで仕事辞めそう。
3.実際には公務員さんの事前研修って、どの程度されるんだろう、何となくお粗末な気がする。
4.複雑な家庭の例が出てくるのですが、何か変。。。もし入院中の妻が家族に含まれなかったら、妻単独で生活保護の申請をするだけでしょ?役所はそのフォローをしないのか??
5.個人的な記憶→噂話なので本当かどうか判らないのですが、生活保護を受けるために離婚したと言われている人が居た。
6.終わっていないエピソードがあるとモヤモヤする(後で決着するのかな?)。

小学館のPR
[生活保護]のリアルに迫る青春群像劇
新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。

えみるはここでケースワーカーという
生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、
そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――

新聞メディアはもちろん、
現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ!

[生活保護]に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇、開幕!
https://www.shogakukan.co.jp/books/09186357

レビュー投稿日
2018年2月19日
読了日
-
本棚登録日
2018年2月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッ...』のレビューをもっとみる

『健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)』に猫丸(nyancomaru)さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする