八月の光 失われた声に耳をすませて (創作児童読物)

4.18
  • (5)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 6
著者 :
猫丸(nyancomaru)さん 子どもの本   読みたい 

朽木祥さん講演会 | イベント一覧,お知らせ | 教文館ナルニア国
https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/d36f6cc0

小学館のPR
失われた声を拾い上げ祈りを込めた短編連作
広島原爆投下を生き延びた人々の物語として2012年に児童単行本として発表された『八月の光』は、多くの人の心を打ち、評価の高い作品でした。そして、2編を加えて小学館文庫化されました。このたび、著者の意向で、さらに新たに2編書き下ろしを加えて、7編の短編連作として児童向けに出版いたします。
名前だけでしかない人があり、名前すら残らなかった人があります。ヒロシマの物語を書くということは、あるいは読むということも、そのような人びとの「失われた声」に耳をすませることなのだと私は考えています(作者あとがきから)。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
不穏な空気に満ちた世界情勢の中、忘れてはいけない、目をそらしてはいけない。作者の祈りのこもった、それぞれの物語です。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09289756

レビュー投稿日
2019年4月2日
本棚登録日
2019年4月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『八月の光 失われた声に耳をすませて (創...』のレビューをもっとみる

『八月の光 失われた声に耳をすませて (創作児童読物)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『八月の光 失われた声に耳をすませて (創作児童読物)』に猫丸(nyancomaru)さんがつけたタグ

ツイートする