フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグローバル社会へ

4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 5
著者 :
猫丸(nyancomaru)さん フェミニズム・ジェンダー   読みたい 

「ねつ造」発言看過できない フェミ科研費裁判の意義 原告の一人・同志社大学教授 岡野八代さんに聞く/自民・杉田衆院議員「慰安婦」研究を中傷 – 京都民報Web
https://www.kyoto-minpo.net/archives/2019/05/20/post-23264.php

みすず書房のPR
近代国家は「自律した個」を理想像とし、子育てや介護などケアする者を政治的に二流の存在とみなしてきた。男を公的領域、女を私的領域に振り分けるその力学を、フェミニズムは公私二元論として鋭く批判してきた。そして、公的領域で“男並み”になることがゴールではないことも指摘した。フェミニズムはその先どこへいくのか。
本書は母・家族・ケアという概念と格闘してきたフェミニズム理論の立場から、プラトンからロールズまで政治思想を貫く公私二元論を徹底的に検討する。そこで明らかになるのは、自律的主体が隠蔽するもの、すなわち、ひとは傷つき依存して生きるという事実だ。依存する存在は自律的主体の下位概念ではない。それこそが「人間の条件」であり、政治学の基礎単位なのだ。
「ヴァルネラブルな存在が世界の代表である」(H・アーレント)。国家暴力に傷つけられながら抵抗し、ケアにおいて他者との非暴力的な関係を実践してきた女の経験こそが、新たな政治の領野を切り拓く。女であることの絶えざる葛藤を理論に鍛え上げ、非暴力の社会を構想する、フェミニズム理論の到達点。
https://www.msz.co.jp/book/detail/07639.html

レビュー投稿日
2019年5月28日
本棚登録日
2019年5月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグ...』のレビューをもっとみる

『フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグローバル社会へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグローバル社会へ』に猫丸(nyancomaru)さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする