英国ゴシック小説の系譜

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会 (2013年3月23日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 2

読めるのか?怖がりの私が、、、

慶應義塾大学出版会のPR
「「ゴシック小説」とは、18世紀末~19世紀の英国で興隆した「恐怖小説」のことである。
本書では、主に19世紀英国の「ゴシック小説」を取り上げ、現在にいたるゴシック的物語の系譜をたどっていきながら、「怪物」、「旅」、「写真」、「博物館」、「自己像」という視点から読み解き、その成り立ちと物語構造を明らかにする。
『ケイレブ・ウィリアムズ』、『フランケンシュタイン』、『ドリアン・グレイの肖像』――。怪奇と驚異に満ちた「英国ゴシック小説」入門編。」

読書状況:読みたい 公開設定:公開
カテゴリ: ホラー・怪談
感想投稿日 : 2013年2月8日
本棚登録日 : 2013年2月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする