ロミオ・エラー―死の構造と生命体 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房 (1994年6月1日発売)
3.46
  • (4)
  • (4)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 2
3

以前読んだ、「話を聞かない男、地図の読めない女」で、男女の差異について論じられていたが、その時にちょっと違和感を感じていた部分、論拠などに、1つの解決を見せてくれた箇所があった。
こういう説明の仕方の方が、納得しやすいなと。該当部分の記述を、合わせて読むのも面白い。
また、これも昔読んだアン・マキャフリー「歌う船」のような世界ももしかしたら単なるSFファンタジーではないのかも、と思わせられた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他
感想投稿日 : 2021年10月17日
読了日 : 2021年10月17日
本棚登録日 : 2021年10月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする