BUTTER

3.48
  • (99)
  • (288)
  • (300)
  • (68)
  • (23)
本棚登録 : 2410
レビュー : 341
著者 :
にゃんこさん 小説(女性作家)   読み終わった 

タイトルのBUTTERそのままに
こってりと胸焼けしそうなストーリーがどこまでも続き、
このまま読んでも読んでも終わらないのではないかと思えてくるほど濃厚な物語でした。
なぜこんなにも読んでいて胸につかえるのか・・・
自分の価値すら自分で決められないことにもがく主人公の姿は身に覚えがあるものばかり。
「~でなければならない」ことばかりがどんどん増えて窮屈になっていく世の中で
まわりの価値基準に合わせて生きていたら
自分の「適量」さえも見失ってしまうだろう。

小説のモデルとなった木嶋佳苗が逮捕された時
私たちが心穏やかでいられなかったのは
彼女が犯したとされる犯罪そのものよりも
自分の容姿や生活を他人の尺度ではかることなく
自分はそれだけの価値のある美しい女だと揺るぎない自信を見せつけられたからだったのではないか。

心の中に投げ込まれた小石の波紋が
読み終わった後いつまでも広がり続けています。

レビュー投稿日
2017年11月20日
読了日
2017年11月20日
本棚登録日
2017年11月20日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『BUTTER』のレビューをもっとみる

『BUTTER』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする