虚構の城 (講談社文庫 た 15-1)

著者 :
  • 講談社 (1981年11月1日発売)
3.28
  • (0)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 7
4

監督官庁に張り付いて交際や情報入手を行うセクションの実体が生々しい。山崎豊子の「華麗なる一族」でのMOF対応、「沈まぬ太陽」での運輸省対応の描写と同様。そんなえげつないことはしてない、小説というエンターテインメントの中での誇張された描写だ、と思いつつも、ぞくっとするリアリティを感じるビジネスパーソンも多かろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説、詩歌、戯曲
感想投稿日 : 2009年7月20日
読了日 : 2009年9月18日
本棚登録日 : 2009年7月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする