レヴィ=ストロース (文庫クセジュ 990)

  • 白水社 (2014年4月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
3

140816 中央図書館
クセジュの特色なのかもしれないが、ケレン味のある修飾、言い回しが多く、読みやすいとは言えない。
著者が、レヴィ=ストロースの膨大な研究、著作について耽読していることはうかがえる。主には収集された神話についてレヴィ=ストロースが解析分類したアウトラインを、コンパクトに解説しているようである。しかしそれでもこんなに膨大で「無秩序」のように見えてしまう。文化人類学を面白いと思うことができるようになるには、とことん、ディテールを体感し、記録し、執拗に分析することができないと無理らしい。
構造とか思想背景については、どこに解説されてあるのか、よくわからなかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 思想・哲学
感想投稿日 : 2014年8月16日
読了日 : 2014年8月17日
本棚登録日 : 2014年8月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする