孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)

4.27
  • (146)
  • (100)
  • (52)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1078
レビュー : 108
著者 :
ななつめさん 小説   読み終わった 

おそらく高校生頃から読もう読もうと思ってずっと読んでいなかった本。
その間に漫画も3種類かな?でて全て手に入れて2作読んでからとうとう読んでみた。さすがに何種類も読んでると漫画化にあたって削られた部分も違う作家さんによって補い合われていてそこまで発見はなかったがそれでもなるほどそういうことかと思う部分もなくはない。親方が諸戸の両親の実の息子だとか。
あと漫画でもどう解釈していいのかわからなかった君の頭、真っ白だよ。の部分の道雄の笑顔。「道雄はそういって妙な笑い方をした。それが私には泣いているように見えた。」の文が印象的。面白がってる笑顔でもなく悲しんだ顔をするわけでもなくこの笑顔はなんだろうと思っていた部分。文で読んでもはっきりとはわからなかったのだけどあの絵は泣いているような笑顔を表したのね、と。これは漫画を読んでいなかったらさらっと読み流してしまったかも。
初めて原作を読む江戸川乱歩。ちょっと見慣れずに読めない漢字がでてくるものの文章自体は想像以上に読みやすかった。面白かったー

レビュー投稿日
2017年10月15日
読了日
2017年10月15日
本棚登録日
2017年10月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション...』のレビューをもっとみる

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする