幽霊塔

3.79
  • (25)
  • (51)
  • (33)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 586
レビュー : 55
著者 :
制作 : 宮崎 駿 
nyonboo48さん  未設定  読み終わった 

★★★★☆ こういうの「ジュブナイル」って言うの? きっちりした謎の論理的な解明よりは雰囲気を楽しむものなのかもしれない。自分の知らなかった昔の時代を垣間見れる。豚肥え夫人という表現とかどういうメンタリティだったの、当時? 長崎-東京間が汽車で20時間とは! いろんな場面で相手と口約束しちゃって大丈夫?って思うけれど、信じるしかない時代だったのか? 愛していても罪を犯した人間とは結婚できないって、殺人の嫌疑とか牢破りとか、今よりも罪が重く感じられていたのか? 家名に傷を付けてはならない、みたいなことなのかな。探偵(実際は警察官)をボコボコにしたら、この時点で 捕まるほどの犯罪なんじゃないの? 北川が短剣で刺された謎がよく分からなかったな、方法や理由など。「もし結婚するとしたらわたしと~」は峰守ひろかず『こぐちさんと~2』とリンク。

レビュー投稿日
2019年1月12日
読了日
2019年1月9日
本棚登録日
2019年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『幽霊塔』のレビューをもっとみる

『幽霊塔』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする