観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)

4.08
  • (38)
  • (55)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 546
レビュー : 63
著者 :
obrigadoさん 歴史   読み終わった 

日本の中世で(ひょっとしたら通史でも)2大訳の分からん争い(もうひとつは当然、応仁の乱)とも言うべき、「観応の擾乱(“じょうらん”と読みます)」の解説書。
あ、でも、とりあえず足利尊氏、直義、義詮、直冬、高師直あたりを押さえとけばいいので、応仁の乱よりシンプルかも?

ようするに上記武将が同盟したり敵対したりを繰り返しながらふたつの朝廷とくっついたり離れたりに終始した一連の戦いのこと(文字にすると余計に分からんなw)。

その他の武将は自己都合全開で、どれかに味方していたので、マニアでなければスルーしとけばOKです。

今も派閥争いに明け暮れている人たちがあちこちにいるけど、人類は600年前から進歩してないっすね(諦観)。

レビュー投稿日
2017年9月18日
読了日
2017年9月18日
本棚登録日
2017年9月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足...』のレビューをもっとみる

『観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする