現代語訳 上井覚兼日記―天正十年(一五八二)十一月~天正十一年(一五八三)十一月

著者 :
  • ヒムカ出版 (2020年11月1日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
5

新名一仁(@tabenomuraji)さんの新著、読了。

戦国武士の日記だけど、とても読みごたえがあった。

朝からみんなで呑んでるし、前線からは帰りたがるし、責任ある地位からは降りたがるしと、なんて人間臭い人たちなんだ、戦国薩摩武士。「鬼島津」と呼ばれる気配は、この日記からはまったく導きだせないぞw(本音は別にあっても、やるときゃやるのが薩摩人!!)

本書が生まれるきっかけが今はなき、みやざき歴史文化館で開催された「宮崎城と上井覚兼」だったとは! 資料がそろっていて、見ごたえのある展示だった記憶がある。

その後、きよたけ歴史館や生目の杜遊古館で行われた新名さんの「上井覚兼日記講座」にも何度か参加させていただいたけど、いつも盛況だったなあ。

歴史好きなら必読の書。
続刊が待ち遠しい!!!(←ここ強調)。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史
感想投稿日 : 2020年12月11日
読了日 : 2020年12月11日
本棚登録日 : 2020年12月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする