もう年はとれない (創元推理文庫)

3.52
  • (12)
  • (76)
  • (54)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 445
レビュー : 61
制作 : 野口 百合子 
ocean3055さん ミステリー   読み終わった 

アメリカの作家ダニエル・フリードマン、2012年発表の小説。88歳の元刑事が主人公のミステリーシリーズ第一作。面白いです。

このシリーズの第二作目を先に読んで面白かったので一作目も読んでみました。
なので結末は知っていたわけですが、それでも充分面白かったです。

87歳の元刑事(作中で88歳になります)、荒っぽい捜査で伝説の人となっていたバック・シャッツが、因縁のある逃亡ナチ戦犯の隠し持っていた金を廻っての争いに巻き込まれるお話し。
皮肉と諧謔がたっぷりの痛快な物語りなんですが、不条理で残虐な犯罪が描かれ、見かけによらずシリアスな内容です。主人公と老齢の妻や孫息子との関わりも心に響くものがあり、良い作品だと思います。

レビュー投稿日
2015年12月14日
読了日
2015年12月9日
本棚登録日
2015年12月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『もう年はとれない (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『もう年はとれない (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする