西の魔女が死んだ (新潮文庫)

3.82
  • (4496)
  • (4303)
  • (5745)
  • (582)
  • (136)
本棚登録 : 33622
レビュー : 4331
著者 :
よもぎさん 感動   読み終わった 

仕事やら私生活でボロボロになってたときに読んだ本。
昔から知ってたけど、読んだことはなかった。

学校でいじめにあって自分の居場所が無くなってしまった女の子が、魔女と呼ばれる自分のおばあちゃんと暮らしていくなかで、少しずつ元気を取り戻して、成長していく作品。

感動する台詞や考えさせられるシーンたくさんあったけど、一番好きなシーンは魔女の修行を教えるシーン。
当たり前のことを言ってるかもしれないけど、特に大人になるとその当たり前ができない。
本当に大切なことは何かを考えさせてくれる作品。

小さい頃読んでたら泣いて「感動したな」で終わってたかもしれない。
大人になって今この作品を読んで感動だけじゃなくて、考えされられることがたくさんあった。
この作品に今出会えて良かったなって思えた。

レビュー投稿日
2017年12月30日
読了日
2017年8月
本棚登録日
2017年12月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『西の魔女が死んだ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『西の魔女が死んだ (新潮文庫)』によもぎさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする