団体旅行の文化史: 旅の大衆化とその系譜

著者 :
  • 創元社 (2021年9月17日発売)
3.75
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 6
4

江戸時代のお伊勢参りに始まり、修学旅行、戦後の農協や社員旅行まで日本の団体旅行の系譜をたどる本。戦後の内容については当時旅行代理店で実際に各種団体旅行の販売や添乗員などを務めていた人からの聞き書きが中心。昭和30年代、新宿西口の高層ビル群がなくまだ浄水場があったころ、地方から夜行バスで早朝に新宿についた団体客がこぞって浄水場の空き地で野グソしていたとか興味深い話が多い。
個人的には戦後の団体旅行についてもっと紙幅を割いてもらいたかったかな。(お伊勢参りなどは他にいろいろ本が出てるし)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年10月9日
読了日 : 2021年10月9日
本棚登録日 : 2021年10月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする