国家の品格 (新潮新書)

3.42
  • (558)
  • (858)
  • (1809)
  • (243)
  • (115)
本棚登録 : 6880
レビュー : 1126
著者 :
ogata08さん ノンフィクション(新書・文庫)   読み終わった 

良著でした。
なんでもかんでも「論理的」であることが良いことではない。

日本人本来の価値観は理屈では説明できないもの。アメリカナイズの風潮の中で、それを失ってはいけない。



会津藩の教え「什の掟」は「ならぬことはならぬものです」という文句で結ばれている。
そこに論理なんてものはなく、問答無用、いけないことはいけないと言っている。

現実の世界は数学の世界と違い、すべてを論理で説明することはできない。
論理・合理性だけでは世界は破綻する。

ダメなことはダメだと価値観を押し付けることも必要なのだ。

(p47)

レビュー投稿日
2013年2月10日
読了日
2013年1月10日
本棚登録日
2013年1月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国家の品格 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『国家の品格 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする