グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ

4.26
  • (118)
  • (106)
  • (35)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1117
レビュー : 107
制作 : 仲達志  池村千秋 
ogata08さん ノンフィクション(単行本)   読み終わった 

WIREDのスティーブン・レヴィによるグーグル・インサイド・ドキュメンタリー。
ものすごく長いが、文章がうまいので(興味がある人なら)飽きずに読める。

Googleが世界を良くするために、どのように考え、どのような方法で行動しているかを知ることができる。普通の会社とは明らかに違う。

---

memo:

24
「たとえ失敗したとしても、完全に失敗することは滅多にない」と彼(ラリー・ペイジ)は言う。

75
取得されたデータはカプセル化されて次々にログに保存されていく。そこからユーザーの検索行動を分析し、データマイニングによる解析を行うことで、究極の学習する機械に進化する。

79
狂信的なまでの秘密主義によって、この事実はまったく公表されなかった。

103
Googleは究極的には、世界中の知識で脳の機能を補佐し増強する。(ブリン)
「たとえば、2年前に会った誰かがそのとき言った言葉を教えてくれるとか」とペイジは言う。「最終的には脳内に危機が食され、質問を考えるだけですぐに答えを教えてくれるようになるだろう」


540
有益なテクノロジーは例外なく、誤った用いられ方をする危険を秘めているのだ

「まずやってみて、後で謝る」という哲学こそ、グーグルに成功をもたらしてきた要因だった。(中略)ここに、腰が引けて何もしない企業と多くのことを成し遂げたグーグルの違いがある。

レビュー投稿日
2012年12月28日
読了日
2012年12月28日
本棚登録日
2012年12月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場...』のレビューをもっとみる

『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする