堕落論 (集英社文庫)

3.64
  • (45)
  • (56)
  • (110)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 674
レビュー : 64
著者 :
ogataku0617さん  未設定  読み終わった 

おそらく、日本が負けた戦後、「これからどうしよう」という絶望に満ちた日本国民を想って坂口安吾が書いたエッセイではと思います。堕落というのは、僕たちがイメージする落ちぶれたという意味の堕落じゃなくて、「またやり直そうよ」という意味での堕落なんだと思います。もう少し言えば、今まで伝統的であった天皇制・武士道・耐乏の精神からの脱却です。まあ、全部そういうものを脱いで裸になって、もう一回新しい人間として生まれ変わろうよ、ということだと思います。今回の東日本大震災にも似たようなことを言える気が、しないでもないのではないでしょうか。

レビュー投稿日
2011年7月26日
読了日
2011年7月26日
本棚登録日
2011年7月26日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『堕落論 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『堕落論 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする