なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略 (PHP新書)

4.08
  • (76)
  • (85)
  • (41)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 687
レビュー : 92
著者 :
オギノ通りさん 経済・ビジネス・政治   未設定

★2つの世界の切り分けに納得★目にする地方経済の現状と、国やメディアが騒ぎ立てる経済のグローバル化といった話の距離にずっと違和感を覚えていた。世界の距離が近づき日本の生産年齢人口が減っていけばこれまでと同じ処方箋では対処できない。世界を2つに分けて考えるべきだという指摘はすごく腑に落ちた。

「モノ」を中心に立地を問わず世界の(ニッチな分野でも)チャンピオンにならなければ生き残れないGの世界と、その場でしか成り立たたず人手のかかる「コト」のLの世界。かつての日本を支えていた加工組立の中小企業は、世界との距離が近づく中でGの世界でしか生き残れない。Lの世界は地方だけでなく流通・サービスにも当てはまり、いい意味でそこに地方のヤンキーが生き延びる余地もある。どちらがよいではなく、異なる世界が併存する。

レビュー投稿日
2020年1月15日
本棚登録日
2018年8月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なぜローカル経済から日本は甦るのか Gと...』のレビューをもっとみる

『なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略 (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする