そういうものだろ、仕事っていうのは

著者 :
  • 日経BPマーケティング(日本経済新聞出版 (2011年2月1日発売)
3.39
  • (8)
  • (79)
  • (98)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 554
感想 : 102

4月から新社会人になる身として、
仕事ってどんなものかを感じたかったので読みました。

仕事にやりがい持ってる人、好きなことを仕事にする人もいれば、お金のためと完全に割り切る人、仕事に狂わされてる人と、ほんとにいろんな人がいて、どんなものか逆にわからなくなりました。でも、こうだ、と定義づけられず、人によってどんなものか違うから面白く多様な働き方や仕事があるんだなと思いました。
仕事というものに対して価値観が未だに私はしょっちゅうころころと変わっています。仕事に結構意欲だとか希望だとか夢を抱いていたたちですがそういうばかりではなさそうです。就活中から感じてきました。働いてみてからはもっと現実を見るんだろうなと感じました。

テーマが「仕事」なだけあって、社会人を間近に控えた私にとってはどの作家さんの作品も興味関心を持って読めたし、初めて読む作家さんも多く短編集の良さを改めて感じました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年1月21日
読了日 : 2020年1月21日
本棚登録日 : 2020年1月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする