生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

3.81
  • (935)
  • (1316)
  • (1231)
  • (141)
  • (38)
本棚登録 : 9768
レビュー : 1231
著者 :
ohsuiさん サイエンス   読み終わった 

これは一つの命題に対する「界面の物語」、なのでしょうか。
普通に店頭で見かけても、スルーしていただろうなぁ、、との一冊。

エビカツ読書会でご紹介いただき、縁あってお譲りいただいて、拝読いたしました。
完全な理系の世界のお話しなのですが、とてもわかりやすく読めました、多謝。

 ”それは自己複製を行うシステムである。”

「生命とは何か?」、冒頭で既に出ている答えの一つは、
自己複製を行うシステムであるとのこと、、ですが、続きがあります。

もう一つのファクターについて、著者の過去を含めて、
その思考経路をたどりながら、追い求めていく事になります。

 ”生命とは動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)にある流れである”

ん、以前、ドラマか何かの恋愛ネタで「DNAレベルから引き合っている」、
なんてフレーズを見た覚えがありますが、なんとなく実感したりも。

 ”生物には時間がある。”

ラスト、なんとも哲学的なフレーズに行きついた上で、解きほぐされていきます。
時間という概念と、その不可逆性が指し示す「生命」とは、、さて。

どこかミステリーのようでいて、でも、システマチックなガイア理論をも喚起させたりと、
時間という絶対者から、生命として生まれた時に付与されたその「絶対の概念」の行きつく先は、、

生命とは何か?、ある種の哀切さが残る読後感でした、だからこそ美しいのでしょうけども。

レビュー投稿日
2012年11月19日
読了日
2012年11月19日
本棚登録日
2012年11月6日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)』にohsuiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする