イスラーム国の衝撃 (文春新書)

3.76
  • (81)
  • (160)
  • (123)
  • (15)
  • (7)
本棚登録 : 1315
レビュー : 161
著者 :
ohsuiさん 政治   読み終わった 

著者の池内さんは、長年、中東地域の政治や、
イスラームの政治思想を研究をされていて、、

なんて風に書くと、一見とっつきにくい感じですが、
非常にわかりやすく、丁寧にまとめられています。

当初、池袋のジュンク堂で探していたのですが、
新書にしては珍しく売り切れていて、地元で発見しました。

そういった意味では、ちょうど時節に合致しているのかなと。

その内容は、第1次大戦後の秩序形成からイラン革命、
湾岸戦争、9.11テロ、そして「アラブの春」。

この辺りをざっと俯瞰しながら、
イスラーム社会の質の変容をまとめられています。

キーワードは“グローバル・ジハード”、
明確な指導者を持たない拡がり、とはなるほどと。

興味深かったのは、こちらと前後して読んでいた、
『新・戦争論』や『賢者の戦略』とシンクロしている点。

アンダーソンの言う“遠隔地ナショナリズム”とも関連する、
“新しい国家”のカタチなのか、どうか。

ん、個人的には“イスラーム法学”が、
次のキーワードとして、気になっています。

レビュー投稿日
2015年2月4日
読了日
2015年2月3日
本棚登録日
2015年1月21日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イスラーム国の衝撃 (文春新書)』のレビューをもっとみる

『イスラーム国の衝撃 (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『イスラーム国の衝撃 (文春新書)』にohsuiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする