夢を売る男

3.66
  • (195)
  • (551)
  • (419)
  • (77)
  • (16)
本棚登録 : 3058
レビュー : 525
著者 :
ohsuiさん カルチャー   読み終わった 

読書会でお世話になっている方からお借りして、あっという間に読んでしまいました。
題名や表紙の獏が示すように、なんとも人を喰った話でしたが、非常に面白かったです。

とても『永遠のゼロ』や『海賊とよばれた男』と同じ人の作品とは思えませんでした。
そして、これが全て「事実」だとしたら、作家志望の人は相当に覚悟しないと、とも。

それにしても、ご自身も劇中のネタにしているのは徹底してますね。
主人公の牛河原からして某小説の人物をパクリ、、もとい参考にしてるようですし。

そんな実在の小説へのオマージュがあちこちにちりばめられていて、ニヤニヤしてしまいました。
そういや『バトルロワイヤル』の人の新作は聞いたことがありませんね、、うーん。

娯楽や余暇のためのコンテンツの在り様に、一石を投じていると感じます。
小説は時代を映す鏡であるかな、と、受け入れられる(売れる)かどうかも含めて。

そして、時代とは民衆の雰囲気でもあり、娯楽を提供して金を稼ぎたいなら、
その娯楽を消費する民衆に寄り添う必要がある、、とは至極まっとうで。

それを拒絶するのも一つの在り様だが、それには相当の覚悟がいるのは事実ですね。
個人的に『本は10冊同時に読め!(成毛眞)』と同時読みすると面白いかも、と感じました。

ん、いわゆる「作家」になりたい人は、手に取る前に一考された方がいいのかな。。

レビュー投稿日
2013年6月11日
読了日
2013年6月9日
本棚登録日
2013年6月9日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夢を売る男』のレビューをもっとみる

『夢を売る男』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夢を売る男』にohsuiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする