承認欲求―「認められたい」をどう活かすか?

3.38
  • (9)
  • (19)
  • (34)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 278
レビュー : 23
著者 :
oicaさん コミュニケーション・マスメディア   読み終わった 

労働環境等を”承認”という視点から考察した本。

日本社会がどのような形で他人を認め、そして自分を認めてもらうような形を作っているか、より効率的な労働環境の構築には良い承認とはどういう形か、また、排外的、「出る杭は打つ」的なイメージの京都や農村の承認形態についても考察されている。

人々の賞賛による承認にしろ金銭的な承認にしろ、その人にあった形での自己肯定感を与えなくてはいけないというのを再確認。それは上下にか関わらず組織のスタッフに関しても、顧客に関しても、家族に関しても。そして、社会報道的にもこのようなスタンスは必要ではなかろうか?

物語との関連は非常に気になるけれど、この本には書かれていない。

レビュー投稿日
2012年3月27日
読了日
2012年3月26日
本棚登録日
2012年3月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『承認欲求―「認められたい」をどう活かすか...』のレビューをもっとみる

『承認欲求―「認められたい」をどう活かすか?』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『承認欲求―「認められたい」をどう活かすか?』にoicaさんがつけたタグ

ツイートする