なんか、面白いんだけど、理解できないところも多く、だけど面白いと感じる、面白い本。
原題は「Helgoland」で、これは量子力学の発祥に関連がある島の名前である。
この島から始まる量子物理学の系譜から始まり、不確定性、量子もつれ、相対情報などの話に至る。途中、レーニンとボグダーノフの議論や、ナーガールジュナの空の概念まで入ってくるのが、面白い。
日本語版のタイトルである「世界は「関係」でできている」は本書の内容を端的に表しており、結論としてはこのタイトルに尽きる。
以前、仏教関係の書籍を読んでいた時に、物体を見るときに、我々の目に光子が飛び込んでくるのと同時に、我々も見る対象に影響を与えているという趣旨の話があった記憶があるのだが、相互作用により世界が形作られているという話と頭の中でリンクした。
書籍の最後の方では、心理世界と物理世界の関連についても話が及んだが、この辺はほぼ内容についていけず。
全体としては、同じ著者の「時間は存在しない」よりは理解できた気がする。
何度か読み直してみると少しづつ理解が進むかもしれないので本棚に入れておこうと。

本論とは関係ないのだが、脳が見るときの信号の流れも興味深かった。目に光が入り、信号が脳に達すると思われがちだが、実際には脳から目に向かって信号が出ているとか。脳は先に予想される映像を描き、目から入ってくる情報と整合させ、両者に違いがる場合、その違いの分を補正して「見て」いるらしい。
文章の誤字脱字に気づかないことがあるが、脳の中では予測の段階で誤字脱字がない映像を描いているのかもしれない。その映像で意味的に問題がなければそのまま理解してしまうのかも。
また、同じ文章を読むにしても、ディスプレイに映されたそれと、紙面に印刷されたそれでは誤字に気づく頻度が異なる気がする(数えたことはないが)。どちらも脳が予測してから差を補正するということに違いはないのだろうが、ディスプレイに移った情報の方がより予測との差を認識しづらいということなのかもしれない。
文章を読む行為について、脳がどこまでを予測して、補正してということを行っているかも興味が湧くところ。文章が目に入る段階で、字面を予測しているとしても、意識上ではその場で意味を認識はしていない。でも無意識の部分ではなんとなく意味を認識していて、ちゃんと意味が通る文章か予測を始めているのだろうか。
「プルーストとイカ」をもう一回読んでみたくなった。

2022年1月15日

読書状況 読み終わった [2022年1月15日]
カテゴリ 理学

目新しい情報はあまり得られず。

カテゴリ 自己啓発

良好な組織を形成するためのヒントが得られる。
挨拶をするとか、当たり前とも思われる内容もあるが、研究的な裏付けなども解説しており日常的に活用できそうである。
ベースになるのは良好な人間関係であり、上司として誠実な対応が何よりも重要だと思う。

カテゴリ 自己啓発

ざっくり言うと、
量子力学を学ぶことで、古典力学的な発想から抜け出すことができる、だから量子力学の考え方を学びましょう
という内容。
数式など細かい内容は読み飛ばしOKの記述がみられるのはありがたい。
ただ、クオンタム思考というのが具体的にどんなものかは理解までには及ばず。まあ、著者自身が一知半解を繰り返しているので、クオンタム思考についての理解もぼんやりで良いのかもしれない。
確かに、量子力学で語られる事象は、日常で目に付く事象からは想像しにくいことが多く、世の中にはそういうこともあるのだなということを知っておくことは有意義だろう。ただ、この分野の概要を知るならほかにも書籍があるし、この書籍で学ぶ必要はないかと。
書籍の中盤以降、意識に触れてる箇所があり、興味はあったのだが、ロジャー・ペンローズの量子脳理論を読んだことがあれば、十分かなという印象。

2021年12月5日

読書状況 読み終わった [2021年12月5日]
カテゴリ 実用

IT、転職、健康、投資などについて、最低限必要なプロの常識をまとめており、これをひととおりさらうには良い書籍。個々の項目は浅いが、知らないよりは知ってい置いた方がよいので、更に知りたいことがあれば、別の書籍で詳しく学ぶのが良い。
ネットの情報をうのみにしてはだめ、ということは理解しながらも、じゃあ何をあてにすればいいの?というニーズにはちょうど良いのではないだろうか。
もちろん、各分野の著者の意見なのでそれが正しいと思うかは読者にゆだねられるわけだが。

2021年12月5日

読書状況 読み終わった [2021年12月5日]
カテゴリ 実用

ツェッテルカステンというノート手法というかメモの手法について説明された書籍。
ツェッテルカステンの考案者の様に9万枚のカードを管理するのは大変だが、最近ではデジタルツールも活用できるし、手法としては面白い。
手書きの効果も期待したいところではあるが、カードの管理を考えると手書きの効果はある程度犠牲にしてアプリなどのツールを活用するのがよさそうである。

2021年11月23日

読書状況 読み終わった [2021年11月23日]
カテゴリ 自己啓発

一言で言ってしまえば、お金よりも時間を優先させてみませんか、ということかと。
買い物をするときにどれが良いか、どこで買えば安いかに時間を取られることがあるが、そのような場面でいくらかをけちるよりもサッさと買ってしまった方がよさそうだ。
本書を読んだ後で、コーヒーメーカーを購入した。朝時間がない中でハンドドリップで淹れることにこだわるよりも、おいしいコーヒーを手間なく飲める方が満足感が高いかなと。効果はまずまず。

2021年9月12日

読書状況 読み終わった [2021年9月12日]
カテゴリ 自己啓発

よくある自己啓発系の書籍かな、と思ってはみたもののそれなりに長い期間影響を出している書籍の様なので読んでみた。
本書で提案しているメソッドは非常に単純で、やるだけなら誰でもできると思う。時間も1分なのでできないという方がおかしい。
実は以前、『マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング』という書籍を読んだことがあるのだが、同じ著者の書籍で、ゼロ秒思考のメソッドも紹介されていた。
当時も試してみたのだがあまりピンと来なくて継続はしなかった。
本書を読んで改めて試してみたところ、けっこう良いかも、というのが感想である。

今の私にとっては、頭をよくするという目的よりも不安とかもやもやする気持ちを解消するという目的で効果がありそうだと思う。
もともと、不安とか自分の気持ちを紙に書きだすというのは効果があるというのは知っていたのだが、どうも億劫でやらなくなってしまうのである。それが、この方法だととりあえず1分という低いハードルがとりあえずやろうかという気にさせてくれる。しかも、日記の様に細かく書くのではなくてとりあえずは箇条書きなのでサクッと終わらせることもできる。
更には、とりあえずでも1分でも始めてみればしめたもので、そこからやる気も出てくるので、そのまま何枚かのメモを作成することになる。

ただし、この手法を用いることで思考能力があがったかどうかは現時点ではわからない。頭がすっきりして、もやもやや不安が低減することは実感する。
とりあえず、考えを頭の中で堂々巡りさせるのではなくて書いてみるということの重要性にも気づく。

なお、著者はA4の紙に書くことを推奨ししているが、私は型を破って、iPadとアップルペンシルを活用している。複数のメモを並べて見るようなことはできないが(アプリによっては可能かもしれないが)、とりあえず1分でメモを作成するに不足は感じない。画面のサイズもほぼA4だし。

2021年9月12日

読書状況 読み終わった [2021年9月12日]
カテゴリ 実用

HONZ選りすぐりの書籍をまとめたもの。
書評自体の文体も面白く、掲載されている書籍はどれも読みたくなってしまう。
といって、あまり欲を出しても積読になってしまうので、特に気になるものだけをピックアップして購入した。
・スノーボール・アース
・鳥類学者だからといって、鳥が好きだとおもうなよ。
・饗宴外交
・哲学と宗教全史
・翻訳できない世界の言葉
・スパイス、爆薬、医薬品
割と、科学系と歴史系に偏っているかな。
あと、出口氏の全世界史は積読になっていたので読み始めた。

2021年8月7日

読書状況 読み終わった [2021年8月7日]

理解があっているかはわからないが、ざっくり言うと、変化と選択という進化の流れの中で、現在存在する生命は何らかの優位性があるから残ってきており、寿命があることもそれが多様性を獲得していくために有利だったから、ということか。
本書で最も面白いと思ったのは、本論ではないのだが、ヒトの色覚に関する遺伝子は変化しやすいということである。騒動組換えというらしい。
もともと色をどう感じるかということには個人差がある、というか自分が赤だと思っている色の質感が他の人にも同じように感じられているかは疑問に思っていたのだが、そもそも色をとらえる遺伝子にかなりの多様性があるようなのである。そうなると視覚で捉える世界というのは人によってけっこう差があるのかもしれない。

2021年8月7日

読書状況 読み終わった [2021年8月7日]
カテゴリ 理学

『2040年の未来予測』やそのほかの書籍で、日本の所得が伸びておらず、世界に比べても置いてきぼりを食らっているという状況は知っていたが、改めて本書を読むと暗い気持ちになる。
デービット・アトキンソン氏の書籍にもあるが、結局は生産性を上げて労働者の賃金を上げるということが必要なのだろう。
そこに行きつかないと、優秀な人材ほど海外に出ていくし、日本の空洞化は避けられない。
危機感を持って、自身も進歩していかないといかんと思わされる。

2021年7月31日

読書状況 読み終わった [2021年7月31日]

池谷裕二氏の書籍は以前は新刊が出るたびに読んでいたものだが、最近は足が遠のいていたが、久しぶりに手を取った。
著者が論文などで得た情報を面白く語っているのは変わらずだが、脳科学的な知見についてはその他の書籍でも読んでいることもあり、個人的にはあまり新しい知見はなかった。

2021年7月31日

読書状況 読み終わった [2021年7月31日]
カテゴリ エッセイ

タイトルのとおり、Excelを用いてディープラーニングについて学ぼうという書籍。
なんとなくの知識は持っていたが、実際に自分でプログラムとかしたことのない自分のような読者が少し手を動かして、動作原理を実感するのにはちょうど良い内容であると思う。
例題として、○×の判断と、1,2の判断について紙面が割かれている。
前者は隠れ層が1層、後者は2層用いて畳み込みニューラルネットワークを構築しており、後者をExcelで作りこむのは少々面倒なので、作業までは行わなかったが、まず前者の○×の判定だけでも、おお!っという感動は味わえた。
ソルバー機能を使ったことが無いと設定など少し戸惑うかもしれない。
ニューラルネットワークをイメージとしてつかむにはちょうど良い書籍だと思う。

2021年7月31日

読書状況 読み終わった [2021年7月31日]
カテゴリ 実用

とりあえず、インターバル速歩が体力向上、健康維持に良いものだということが述べられている。
個人的には細かい仕組みとか理屈とかは読んでもすぐに忘れそうなので、インターバル速歩のやり方を中心的に読んで終了。
なんとなく、中高年向けの体力向上を意図している様でもあるので自分にも効果があるかはわからないが、もう40代に足を踏み入れつつあるので中高年に入りつつある気もするので、効果はあると見ている。ちょっとキツイくらいの運動強度というのはどの年代でも同じことなので。
これで健康に効果があるのなら、インターバル速歩を知っただけでも価値があるので星4つ。

2021年7月25日

読書状況 読み終わった [2021年7月25日]
カテゴリ 健康

自分にとってそこまで目新しい情報はなかったのだが、日本が置かれている状況を改めて突き付けられると少々、暗い気持ちになる。とは言っても、将来も生きていかなければならないのでそのような未来を頭に想定しつつできることをしていかなければならないということだろう。
それにしても、未来の予想というのは難しいもので、ここに書かれていることも現状での予想の範疇としか言えない。このような未来予想を随時更新して、その結果に応じて柔軟に自分の対応を変化させていくということが必要になるのだろう。
あまり悲観的にもなりたくないので、何とかなるさの気持ちも持っていたい。

2021年7月24日

読書状況 読み終わった [2021年7月24日]
カテゴリ 実用

仏教でいう悟りに近づくための方法を科学論文などを参照してまとめたものとして読み進めた。
ちょうど、仏教の瞑想関係の書籍を再読していたところなので、共通点もあり興味深く読み進めることができた。
実用的にも、自分を現在に置くための方法など掲載されており、なんとなくいつも不安という状態を改善するのにも役立つのではないかと思う。
そのうえで行うのは、サマタ瞑想であったりヴィパッサナー瞑想と同じようなことなのではあるが、脳科学的な側面を理解したうえで瞑想を行うことで効果も上がるような気はしている。
自己・感情・思考はどこからともなく表れて消えていくということが観察できるようになるにつれて、ミーセンターと偏桃体の結びつきが弱くなるということが参考になった。ミーセンターと偏桃体の結びつきが弱くなるというのはおそらく物理的に脳の神経ネットワークが弱くなるということだと思う。これまで結びつきがあるネットワークを弱くしていくのだから、結びつきが強くならないようにしてやる必要がある。
「現代人のための瞑想法」という書籍に、徹底的に瞑想修行を行えば2週間で悟りは開けるが、短い時間しか行わないからいつまでも悟れないという趣旨の記載がある。1日1時間瞑想を行って、心がきれいになってものこり23時間は瞑想をせず心がもとに戻るのだという。脳の特定のネットワークを弱めていくということからすると、納得がいくものであった。
恒常的に不安が生じにくい様にするなら、脳のネットワークをそのように構築する必要があるわけで、そのためには集中的に時間を設けた方が手っ取り早いということだろう。

2021年7月24日

読書状況 読み終わった [2021年7月24日]
カテゴリ 実用

本書のまとめは、著者のあとがきを読むのがわかりやすい。各章ごとに非常に簡潔に述べられている。結果だけ知りたければここだけ読めば良いくらい。
本書では、爬虫類脳と理性脳の対立という説を真っ向から否定している。この主張が本当かどうかはエビデンスまで読んでいないのでは自分にはわからないが、初めて聞いた説だったので衝撃的だった。

2021年7月18日

読書状況 読み終わった [2021年7月18日]
カテゴリ 理学

本当にこれで姿勢が良くなるのかはまだ1回しか試していないからわからない。簡単なので、本当にこれでできれば星5つ。
ただ、やることはネットに出ていたので、買うまでもなかったかもと言う気はする。

2021年7月18日

読書状況 読み終わった [2021年7月18日]
カテゴリ 実用

片付け系の本は何冊も読んでいるが、本書は片付ける仕組みづくりに観点が置かれている。参考になったのは、使用頻度による分類であった。
必要かどうかの判断は負担がかかるというが、実際にやってみた経験からするとその通りなのである。なので、この部分を使用頻度で判断することで判断自体はすらすら進むのは参考になった。

2021年7月18日

読書状況 読み終わった [2021年7月18日]
カテゴリ 実用

低気圧不調を専門に扱った書籍を読んだことがなかったので読んでみた。
低気圧不調が具体的にどの様な時に起きるのかを最初に説明して、後はどうすればいいか書かれている。
低気圧不調に対して、特別なことをするというよりは、良い睡眠を取る方法や肩こりを防ぐ方法とやることはほぼ同じで、あとはちゃんとやるかどうかの差なのかなと。

2021年7月11日

読書状況 読み終わった [2021年7月11日]

読んだと言っても流して程度。
センスをよくするにはこうするといい、という類の話が載っているが、参考文献の記載もあまり見当たらず、どの程度信憑性のある内容なのか不明。著者の主観が多いと感じられるので、あまり向き合う気もせず流した。
そういう考えもあるという程度の気持ちでエッセイ的に読むのはありかも。

2021年7月10日

読書状況 読み終わった [2021年7月10日]

DXが何なのか、ということを知ろうと思ったときに最初に読むには良い本なのではないかと思う。
DXの事例などをまとめた書籍を読んだことはあったが、それは言ってみればデジタル化の事例集のようなもので、その背景にある思想には考えが及ばない。
本書は、DXの背景の思想、GAFAが描いている戦略などをある程度抽象化した視点から述べている。このため、自分の仕事に適用しようとした場合、考える必要があるが抽象化しているため汎用性も高いのではないかと思う。
一方で、料理を例として多用するなど、抽象化されているからと言ってわかりにくいということもなく、著者の独りよがりになっているということもない。
本書の解説では冨山和彦氏が”本書を読んでデジタル化の本質的な意味合い、そしてIXの衝撃の実装をりかいできない(中略)とすれば、今後、ビジネスの最前線で戦い続けるのは難しいかもしれない。”と書いており、意味合いを完全に理解できているといい難い自分に不安もあるが、何度か読んで理解を深めたいと思った書籍。

2021年6月27日

読書状況 読み終わった [2021年6月27日]
カテゴリ 実用

豆を自分で挽き、ハンドドリップでコーヒーを入れるようになってかなりの年月が経つが、改めてコーヒーのことを知りたくなり、手に取った。
コーヒーの淹れ方はもちろんのこと、産地の特徴や豆の処理方法などコーヒーを楽しむためのちょっとした知識が詰まっていて面白かった。
淹れ方による味の変化の傾向なども学べたので、少々自己流になっていた自分の淹れ方を少し変えてみようかと思う。

2021年5月29日

読書状況 読み終わった [2021年5月29日]

中国の戦国時代に興味を持ったこともあり読み始めた。
中国の話は感じが多く、読みにくい印象があったがまださほど話も入り組んでおらず読みやすい。
国の位置関係とかもキングダムを読んでいれば比較的わかる。

2021年5月23日

読書状況 読み終わった [2021年5月23日]
カテゴリ 小説
ツイートする