夜行

3.36
  • (148)
  • (385)
  • (505)
  • (159)
  • (36)
本棚登録 : 3825
レビュー : 541
著者 :
おじょーさん  未設定  読み終わった 

鞍馬の火祭りに集まった学生時代の仲間達。夕食の席で10年前の火祭りの夜に失踪した仲間の女性を画廊で見かけた話をきっかけに、その画廊で開催されていた個展の銅版画家の連作「夜行」に纏わるとも思われる奇妙な話を仲間が一人ずつ語っていく。尾道。奥飛騨。津軽。天竜峡。舞台となる街の日常の横に潜む闇。それに触れた仲間は以前の仲間なのか。仄暗い闇が知らない間に足首から上ってきそうな雰囲気がなんともいえない。永遠の夜「夜行」とただ一度きりの朝「曙光」語り手が踏み込んだ、そして戻ってきた世界はどちらなのか。自分の足元の曖昧さも感じさせる緩やかな締めがまた不思議な感触だった。

レビュー投稿日
2019年8月18日
読了日
2019年8月16日
本棚登録日
2019年8月18日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜行』のレビューをもっとみる

『夜行』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする