ブラックジャックによろしく(3) (モーニング KC)

3.47
  • (56)
  • (54)
  • (202)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 785
レビュー : 37
著者 :
鳩摩羅什さん 生命   読み終わった 

第3巻の前半は「町医者と終末医療」がテーマである。
究極、医者の中に成功者はいない。なぜなら、不老不死を授けることはできないからだ。人はたいてい病気で死ぬ。であるならば、人の死に、家族の死にどのように向き合うかが、医者の務めであるといっても過言ではない。
前半とは対照的に、後半は「新生児集中治療室」が舞台である。不妊治療の末、未熟児で生まれた双子。
しかも弟はダウン症であった。
つらい、屈辱的な不妊治療を4年間も耐えた末の障害児である。
死も苦しみ、生も苦しみである。

レビュー投稿日
2018年7月22日
読了日
2018年7月22日
本棚登録日
2018年7月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラックジャックによろしく(3) (モー...』のレビューをもっとみる

『ブラックジャックによろしく(3) (モーニング KC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする