フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

4.24
  • (1378)
  • (849)
  • (562)
  • (44)
  • (12)
本棚登録 : 8991
レビュー : 979
鳩摩羅什さん 数学   読み終わった 

映画ではジョン・ナッシュの半生を描いた「ビューティフルマインド」や、邦画の「博士の愛した数式」など数学をテーマにした作品を観たことがあったが、数学小説は初めて読んだ。
フェルマーの最終定理を軸にすえながら、数学史を必要十分に織り交ぜて展開する。数学の美しさ。ワクワクする展開。数学者の苦悩。
ここまで、深遠な数学の世界をのぞかせながら、ドラマチックな展開を描けたのは、フェルマー定理が簡潔かつ深遠だからかもしれないが、それにしても、アラン・シンの構成力・文章力は素晴らしいの一言。
時間の淘汰を受けても、残るであろう名著。

レビュー投稿日
2011年4月17日
読了日
2011年4月17日
本棚登録日
2011年4月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フェルマーの最終定理 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『フェルマーの最終定理 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『フェルマーの最終定理 (新潮文庫)』に鳩摩羅什さんがつけたタグ

ツイートする