新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)

3.86
  • (24)
  • (58)
  • (29)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 432
レビュー : 33
著者 :
板橋区民さん 社会時事   読み終わった 

日本型雇用慣行の成り立ちと、労働法からみた現代の雇用にまつわる諸課題を丁寧に解説してあり、非常に分かりやすい。
終身雇用、年功的職能給制度、企業別組合、ホワイトカラーの長時間サービス労働などはすべて’日本型雇用システム’を支える重要なパーツであり、すべてつながっている。従ってどれか一つだけ変えようとしてもうまく行かないことがよく理解できた。これらはある意味日本文化の本質とでも言うものであり、一朝一夕には変わらないだろうが、いずれグローバルスタンダードに収れんしていくように思われる。
いまは非正規労働者というカースト外の身分を作ってそこにしわ寄せすることで何とか外国勢と戦っているが、今後若年労働者が減少し、多くの老人を支えるべき高生産性を実現していくにはサステナブルなシステムではない。

レビュー投稿日
2014年6月26日
読了日
2014年6月24日
本棚登録日
2014年6月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ ...』のレビューをもっとみる

『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする