日記をつける (岩波アクティブ新書 16)

著者 :
  • 岩波書店 (2002年2月5日発売)
3.39
  • (9)
  • (16)
  • (39)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 198
感想 : 28
4

日記を題材としたエッセイ集。著者の日記愛が感じられて、読んでいてほっこりした気分になる。
毎年11月にはワクワクしながら来年の日記帳を選び、1月から勢い込んで書いていくのだが、花粉で鼻水が走る頃になると途絶えがちになる。そうかと言えばGWでまたぞろ日記を書き始め、なんてことを繰り返す。かくして粗密のある日記帳が毎年1冊ずつ増えていく。
このエッセイを読むと、『それでいいのだ』と思えてくる。でも著者のように毎日の終わりに日記を書く、そのこと自体が至福の時になるなんて素敵だな、と思う。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学
感想投稿日 : 2015年1月21日
読了日 : 2015年1月21日
本棚登録日 : 2015年1月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする