戦乱と民衆 (講談社現代新書)

3.46
  • (4)
  • (14)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 19
板橋区民さん 歴史宗教哲学   読み終わった 

戦史というと記録に残りがちな武将や貴族の物語であることが普通だが、ここでのテーマのように民衆をフィーチャーしたものは珍しい。昨今歴史ブームと言われて久しいが、ブームのおかげでこういう広がりが出てくるから目が離せない。

レビュー投稿日
2019年6月18日
読了日
2019年6月18日
本棚登録日
2019年2月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦乱と民衆 (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『戦乱と民衆 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする