敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>

4.10
  • (43)
  • (49)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 339
レビュー : 38
制作 : 鹿毛 雄二 
okmtysakさん 図書館   読み終わった 

 資産運用をする個人投資家はぜひ読むべき本。
 個人的には、「ウォール街のランダム・ウォーカー」よりもこちらのほうを先に読むべきだと思う。
 以下、抜粋。

 市場に勝つことを目指して敗者のゲームに参加すれば負けはほぼ見えている。
 アクティブな運用機関が勝つためには、相手がミスをしてくれて、それをタイミング良くつかむしかない。それを続けることは不可能に近い。
 投資家にとって本当に重要なことは、投資家自身の長期運用方針を作り実施するという合理的で達成可能な目標に集中すること。

 投資で成功する秘訣は、第一にミスターマーケットの仲間たちを一切無視すること、第二に長期的に最も可能性の高い運用基本方針を策定すること。実際の運用は、運用のプロセス5段階の第1段階の「自分自身の長期運用目的の確認と、その達成のため望ましいアセットミックスの策定」が最も重要。

 長期的に株価のあるべき水準を予想するのは決して難しくはないが、数ヶ月先の株価水準を正確に予想しようとするのは極めて難しいだけでなく、そのような予想をすること自体が無意味である。

レビュー投稿日
2018年10月13日
読了日
2013年2月6日
本棚登録日
2018年10月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5...』のレビューをもっとみる

『敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>』にokmtysakさんがつけたタグ

ツイートする