神さまとのおしゃべり - あなたの常識は、誰かの非常識 -

4.10
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
okomojiさん  未設定  読み終わった 

お金と時間の無駄。
言葉遣いは乱暴で、内容も浅く読むに耐えなかった。

神様と主人公の会話をメインにストーリーが展開するが、結局、神様も主人公も著者本人。自分の考えを神様の口から語らせるスタイルも傲慢に感じたし、自分の考えを釈迦やイエスキリストのそれと同列に語り、あげくの果てには「ワシの教えが一番すばらしい」と豪語しているあたり、吐き気がした。

内容はどこかで読んだ自己啓発本の切り貼りしたようなものばかり。似たような内容であれば『思考は現実化する』や『夜と霧』を読んだ方がよい。会話形式でのこの手の本ならば『嫌われる勇気』の方がすんなりと入ってくる。

人から勧められた本は例外なく読むようにしているので、
辟易しながら最期まで読んだ。

レビュー投稿日
2020年10月13日
読了日
2020年10月12日
本棚登録日
2020年10月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神さまとのおしゃべり - あなたの常識は...』のレビューをもっとみる

『神さまとのおしゃべり - あなたの常識は、誰かの非常識 -』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする